バクマン。

f:id:waniwave:20170105042544j:plain

 モテキの……というのも今やアレだが、大根仁監督によるジャンプ漫画の実写化。ジャンプ漫画の実写化としてはたぶん今までの映画作品でもっとも良く出来ている、と思うが他がひどいだけという説もある。たぶん次点はるろ剣で、どちらも佐藤健だ。ジャンプ顔なのだろうか。

 

 バクマンは結構好きで連載時、特に初期は結構読んでいて、結構良かったと思うんだけど(結構の多い文章)途中から、ほんとうに漫画みたいになっちゃって、なんだよこれ漫画みたいじゃん!ってなってしまった。漫画なのに。実写であっても染谷将太演じる新妻エイジの漫画っぷりは漫画だ。ガモウはこういうキャラが好きなのだろうか。

 

 よく出来ていないアクション映画の特徴に「物語の進行と関係ないアクションシーン」というものがあるが、バクマンにも、物語の進行と実質関係ないグラフィカルなシーンが1つ2つ見受けられ、途中退屈しないこともなかった。っていうか劇伴がショボいなんちゃってテクノだったり、「なんちゃってピンポン」という感じで、今更それなのかよ、という印象はあります(なんちゃってスーパーカーことサカナクションが作っているらしい)。が、でもまあ他の部分がよく出来ているので概ね気にならずに見れた。恋愛要素をほぼ完全にアレンジしたのもクレバーな選択だと思う。

 

 今回見て気づいたのだが、このバクマン映画は原作よりももっと「G戦場ヘヴンズドア」に近いテーマになっているような気がする(原作のときからその感じはモチロンあるのだが、より濃くなっている)し、よく考えるとこれは「セッション」とも似た話だ。映画後半で行われる“選択”は「G戦場」や「セッション」ではほぼ闇堕ちとして描かれるのに対して、バクマンではどこまでもポジティブなものとして描かれる。選びとっているものは三作品とも実質同じなのにね。「命を賭けてやる」=「悪魔に魂を売る」という選択がどういう結果を招くのか、特に「G戦場」と対比して観ると面白いだろう。「G戦場」は大好きな部分と大嫌いな部分がないまぜになったマンガで、バクマンは大嫌いな部分がないかわりに大好きな部分もない。やっぱ芯食ってるほうが強烈に嫌いになれたりするんだろうな。

 

 ちなみにバクマンにもセッションにもG戦場にも、すべて「大量に出血するシーン」が含まれている。音楽や漫画がテーマなのにね。創るというのは、血を流すことなのだ。

はじまりのうた

f:id:waniwave:20161026221627j:plain

 シング・ストリートの監督、ジョン・カーニーの一個前の映画。監督本人がミュージシャン出身という経歴の持ち主なので音楽映画ばっかり録っていて、どれもそれなりに評判がいい。主演はキーラ・ナイトレイと我らが“ハルク”、マーク・ラファロ

 

 冒頭の「アレンジが聴こえる」ところの演出で心を掴まれない人間はいないだろう。音楽が始まる、音楽を作ることの喜びをこれほどまでに正確に、そして美しく描写できる監督は他にはいない。次作シング・ストリートでもほんとうにそういう場面が素晴らしかったことを思い出す。キーラ・ナイトレイが非常に可愛く撮れているのもよい。顔芸映画ばかり出てたからな、最近。

 

 会社をクビになった音楽プロデューサーと、彼氏にフラれたばかりのシンガーソングライターが手を組み、アルバムの製作に乗り出す。その中でいろいろ実生活のわだかまりなどが解消されていき、最後はいい感じになって終わる。というシナリオ自体はまあそうだろう、そうなるっきゃないだろう(最後にちょっとひねりがある)みたいな映画なんだが、なにせ音楽とそれにまつわる演出がどれも的確で素晴らしい。ニューウェーブ音楽がテーマだったシング・ストリートに比べ、女性インディーSSWものということで、基本的にはオレの趣味じゃない音楽なんだけど、それでも、どこが勘所なのかわかるように作られている。

 

 これはほんとオレ自身の趣味や性格によるものだけど、オレにとってはシング・ストリートのほうが深く強く刺さった映画ではあった、けど、こちらも素晴らしいし、こっちの方が刺さるって人も当然いると思う。ネットフリックスに契約してんなら、観といて損は無いだろう。傑作でしょう。傑作だとは思うな。モス・デフことヤシーン・ベイさんも出てますね。なんかどっかの国で捕まってラッパー辞めるとか言ってましたね、大丈夫なんでしょうか、心配です。

殺人の追憶

f:id:waniwave:20161025233849j:plain

 観るのは何度目になるだろうか、天才監督ポン・ジュノの(たぶん)最高傑作であり、オレとしても人生ベスト級に大好きな映画だ。完璧な画面設計、色彩の美しさ、ちょっと異常な長回しなどの撮影の素晴らしさ、エンターテイメントとしての抜群の面白さ、内部に込められた重層的な意味、などどんな面から観ても貶す余地がない。超一級の犯罪サスペンスだが、しかし、それだけの映画ではないんだ。

 

 劇場で観たわけではないので、今まで観た殺人の追憶はDVDソースだったのだが、さすがネットフリックス、非常に綺麗な画質で観れて、本当に眼福といった感じ。あんま詳しい分析などはできないのでしないけど、この映画はとにかく「顔」についての映画なので、「顔」映画であるといえる。このDVDのジャケットもそれを象徴してるよな。

 

 時代が移り変わり、過去が未来へと移り変わる中で取り残されるものや忘れ去られるものというのがある。それは妖怪や幽霊になったり、いろいろな方法で描かれるが、この映画ではそれが殺人事件という形で現れる。顔を見れば悪いヤツは大体わかると豪語する警官、しかし、それは「かつて」の世界の話だ。これからは通用しない。人間の顔をみて話して、何かが理解できる時代というのは終わってしまった。それでも、顔に執着せざるを得ないのだ。(このあたりのテーマは韓国が整形大国であるということも関係しているかもしれない)

 

 ちょっとだけというつもりで結局全部観てしまった。オープニングシークエンスと対になっているラストシーンが圧巻。この完成度の映画はなかなか観たことがないし、パーフェクトな映画だと思う。次々作「母なる証明」も似たトーンの似たテーマの映画でこちらも凄まじい映画だが、好みとしては殺人の追憶の方が好きです。好みの問題ね、これ。

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

f:id:waniwave:20161025194832j:plain

 

 サミュエルL・ジャクソンが大統領役の謎映画。いったい何なのか、よくわからないが大統領と少年ハンターという響きに惹かれて観劇した。フィンランド、ドイツ、イギリスの三カ国製作らしいが、正直ドイツ要素はわからない。イギリスも作中では関係ないのだが、知ってるイギリス人俳優が出てた。

 

 最後までどういう計画だったか謎な謎計画に巻き込まれた大統領の飛行機がフィンランドの山奥に不時着。そこでイニシエーション的な成人の儀を行っていた狩人の少年と力を合わせサバイバルする。

 つってもほぼハンティング要素はなく、狩りの知識や山の知識みたいなものを役立てて敵を倒していくみたいなランボー的な部分はゼロ。笑ってしまうようなドハデ状況を、主に根性と運で乗り切る。見る前には、少年がマスター・キートンみたいな感じで土着の武器で敵を倒していくのかな?と思っていたけど、普通に銃とか、あと弓でした。(弓の使われ方がすごいヘン)

 少年が大統領を救ったことで大人としても認められるエンドは、まあそういう風にしかならんだろという感じでいいのだが、黒幕にお咎めなしのまま終わるので、もしや続編をつくるつもりなのか……?という気持ちにさせる。どうやって作るんだよ!でも今回もかなりメチャクチャをして狩人の少年と大統領というシチュエーションを成り立たせているので、そこらへんはもういいのか。脚本ははっきりいってメチャクチャで突っ込みだしたらキリがないが、まあ子供向け映画という側面もあるのだろうし、意外と、期待値ぐらいには楽しい映画に仕上がっていた。これぐらいの映画が見れればオレは基本的に満足なのだ。

 

 でもまあ気になる点はいくらでもあげつらうことができるし、最後の微妙に後味悪い感じとかいったいどういうつもりなんだという気がしないでもないが、まあいいか、不思議と観てられる映画だった。役者力なんだろうか。ハンティング要素みたいなものを過剰に期待するとよくないのかもしれない。もっとスパイキッズとかホーム・アローンとか、そういったテンションです、これは。

ゴーストライター

f:id:waniwave:20161025175053j:plain

 イギリス首相の自伝の代筆を頼まれたゴーストライターがなんだかろくでもないことに巻き込まれていくサスペンス映画。ジェームズ・ボンドレントンというイギリスをある種象徴している二人の共演作。監督はあの名匠ロマン・ポランスキーだが、よく考えてみたら、オレ、ポランスキーの映画ってあんま観たことなかったんだよな。

 

 前々から面白い面白いという噂は聞いてたんだけど、これがまあ、どえらい面白かった。陰謀に巻き込まれていくくだりでグイグイ引き込まれるし、街のイヤな感じのヤツ描写とかも非常にクール。語り口もタイトで、極めてオレ好みのものだ。ちょっと社会風刺、というかアメリカ風刺みたいなのも入っていてお得だし、なにせエンドシーンの切れ味で、うおー、これはいい映画だぞ!と思わせる力がある。

 

 ネタバレは極力したくないので、漠然と書きますが、二転三転する展開、どんどんとヤバイことになってく主人公、ファム・ファタール的な怪しい女、そして謎が明かされて結末、とサービスてんこ盛りのザ・娯楽サスペンスで、今までオレが観たこういうジャンルの映画の中でも納得度がかなり高いほうだし、フツーに傑作だと思う。傑作ですよ!

スパイ・ゲーム

f:id:waniwave:20161025174044j:plain

 

 故トニー・スコット監督のスパイ映画。レッドフォードとブラピが共演という豪華キャスト。そもそもスパイものというのはある程度面白いことが決定しているジャンルだと思うし、まあ見ていてつまらないとは感じさせなかった。時代に残る傑作!とかでは当然ないが、ちょっと釈然としない観賞後感であった。

 

 中国で女を助けようとしたところヘマをして捕まり、映画的な拷問をうけているブラットピットと、それを見捨てようとしているCIA上層部。今日CIAを辞めるところだったレッドフォードは、昔のよしみもあるのでブラットピットを助けようとがんばるのであった、みたいな内容。

 映画のほとんどが「出会いはこうだった」「こんなこともあった」みたいな回想で構成されていて、いろんな事件のいいとこ取りになっている。けど、まあ回想だし、ブラットピットもレッドフォードも現在の時制で生きていることがはっきりしているので、あんまりサスペンスとかは産まれない。だらけるわけもでもない。観客の興味の中心はブラットピットが中国でなにをしようとしていたのか?という謎解きの部分と、レッドフォードはどうやってブラットピットを助けるのか?という部分に集約される。

 

 ブラピが女を助けようとしてたんだ!というところは、なんかこう、まあそうなのか、でもこいつスパイ向いてない気がするな、という気がしてならなかった。レッドフォードがブラットピットを助けるためにとる行動はかっこよく、しかも淡々と描写されるのでそれ自体はステキだが、しかし、これ、後々問題になりやしないか、という感じもする。つまらない映画ではないのは間違いないけど、なんとなく、なんとなくっていう感じだった。

 

 

レッド・オクトーバーを追え!

f:id:waniwave:20161025172414p:plain

 われわれゲームオタクの間ではすごく有名なトム・クランシーという作家の有名な「ジャック・ライアン」シリーズの中でも一番有名な話っぽい。ダイハードのジョン・マクティアナン監督で、主役のジャック・ライアンをアレック・ボールドウィンが演じている。けどポスターからわかるように、ほとんど主役はショーン・コネリー

 

 話は簡単にいうとソ連から亡命しようとしている原潜をがんばって助ける、みたいな内容で、最初はそもそも「本当に亡命しようとしているのか」「ショーン・コネリーはいいやつなのか悪いやつなのか」がわかんなくて、それを主人公ががんばって推理して「これは亡命しようとしてんですよ」と仮説をたててがんばるので、真偽の程が定かじゃなくておもしろい。おもしろいが、結構あっさりと主目的が亡命であることが明かされ、どんでん返しとかも特に起こらず、追手のソ連のやつらをなんとかして、亡命が成功して終わる。

 

 できる大人たちが能力を発揮していくタイプの映画なので、大体下準備が整ったところで結果がどうなるかは目に見えてて、ちょっと弱い感じがするのだが、ちょっとした(ほんとうに些細な)サスペンスが挿入されていて飽きさせない努力を感じる。こういうのって「無理やり話を作ろうとしてるじゃん!」と感じる人もいるやもしれんのだけど、オレとしてはわりと好ましく観劇できた。アメリカは自由で最高!万歳!ソ連は管理社会!クソ!みたいな価値観が全面展開されるのもまあでも一概にスゲー間違ってるってわけでもないし、一方的すぎやしないかと思わなくもないが、娯楽映画なのでまあいいじゃん、そこはさ。

 

 ネットで画像を検索していたらアレック・ボールドウィンに「第二のトム・クルーズ」っていう但し書きがついてるポスターを見つけたのだが、そういう感じだったのか。潜水艦の中でタバコを吸いまくるというちょっとそれリアリティとしてどうなのという描写もあったりするんだが、意外と喫煙できるのかもしれないし、あとタバコはちょっとした伏線になってるのでまあよし。潜水艦ものとしてハラハラもできるし、あんまり中だるみもないのでわりと面白かった。わりと!